Top デジカメを始める方へ デジカメの使い方 基本的な写真の話 撮影テクニック PCの操作 デジカメ用語集 フィルム 使用感
スポンサードリンク

各社ミラーレス一眼の違い

最近になって、各社からミラーレス一眼が次々に発表されているので、ミラーレス一眼の特徴をまとめてみました。

ミラーレス機、全体の特徴

一眼レフの特徴である、ミラー構造(レフ構造)を排除したモデル

ちなみに鏡が入っているので、レフレックス(反射)を略して一眼「レフ」と呼ばれるため、「ミラーレス一眼レフ」とはよびません

鏡がない分、本体を薄型化できる、一眼レフに比べシャッター音を小さくできる、ミラーショックがない、という利点があります、ファインダーは視差のない光学ファインダーは搭載できないため、モニターかEVFファインダーに頼ることになり、わずかですが表示タイムラグが存在してしまいます。

もう少し詳しく、一眼レフとミラーレスの違いについて知りたいという方はこちらのページも参考にしてみてください

各社の特徴

ミラーレスの場合、各社センサーサイズに大きなばらつきがあるので、センサーサイズを由来とした特徴が大きく違っています、まとめて、大体こんな特徴ですとはできません

そのため各社の違い、今後出る機種にも当てはまるであろうと思われる特徴を中心に書いていきます

キヤノン マウント名:EF-Mマウント センサーサイズ:APS-C
センサーサイズ比較 イメージ図

特徴としては、デジタル一眼レフと同等のAPS-Cサイズのセンサーを積んでいるので、センサーのポテンシャルは、非常に高く、またAPS-Cデジタル一眼レフと同等の被写界深度となるので、ぼけなどの表現もAPS-Cデジタル一眼レフと全く同じように楽しめる

専用レンズはまだまだ少ないですが、純正のマウントアダプターを使用することで、豊富なEFレンズを利用できるのでレンズに困ることもまずないと思われます、また、ほぼ同じ画角になるため、デジタル一眼レフのサブ機として利用しても違和感なく利用できるはずです

デジタル一眼レフとほぼ同等の画質と、豊富なEFマウントレンズが使えるのが大きな特徴です

デジタル一眼レフの性能には興味があるし、ほしいけど大きいボディーはちょっと・・と言う方におすすめのマウントだと思います

ニコン マウント名:Nikon1マウント センサーサイズ:1インチ
センサーサイズ比較 イメージ図

ニコンはミラーレスではなく「アドバンストカメラ」と呼んでほしいらしいですが、ここでは、ミラーレス機と呼ばせていただきます

センサーサイズは1インチと、比較的小さいセンサーを採用しているため、背景をぼかすなど、一眼レフ風の作画は苦手

センサーの製造技術や画像処理技術の向上で、小さいセンサーでも、ある程度の画質は確保されていると思いますが、「同世代」のAPS-Cなどに比べればどうしても不利

現行機では、位相差検出式センサーを埋め込んだ、特殊な画像センサーを採用しているため、TTLの位相差検出式AFを搭載しています。そのため、AF速度的に有利で、動体撮影に強いという特徴もあります。

デジタル一眼レフなどに比べセンサーサイズが小さいため小型な超望遠レンズもあり、また小型とはいえ、コンパクトデジカメに比べれば大きいセンサーのため、コンパクトデジカメと比べ、感度も高くしても、画質が荒れにくく

動体に強いAF方式という特徴もあり、鳥の撮影や運動会などスポーツ撮影といった望遠を使う撮影に強い機種と言えます

ちなみに、純正マウントアダプターを使えば NikonFマウントのレンズを使うことも可能、たとえば、Fマウント用の85mmF1.8のレンズをつければ230mmF1.8相当になり、体育館など、やや暗めの室内で、かつ望遠での撮影をしたい(学校行事とかで多そうなシチュエーション)という場合にぴったりと合う感じです

Nikon1マウントは、野鳥の撮影や、スポーツ撮影、または子供の運動会や学芸会などの望遠撮影がメインの方におすすめです

*AF方式をマウントの特徴としている理由について
AF方式に対応したレンズ設計にしなければ、十分なAF速度が出ないので、今後でる機種についても、初代機と同様のAF方式になる可能性が高いとみているため
(レンズは両対応設計で、コントラスト検出式のみの機種も出せる可能性はありますが、一応 AF方式もマウントの特徴とさせていただきました)

ソニー マウント名:Eマウント センサーサイズ:APS-C または 35mmフルサイズ
センサーサイズ比較 イメージ図

ソニーは、デジタル一眼レフと同じサイズの画像センサーを採用しているためデジタル一眼レフと同等の画質を確保でき、背景のボケなども、一眼レフと同等の撮影が可能

また、マウントアダプターを利用して、Aマウントのαレンズを利用した場合もデジタル一眼レフとまったく同じ画角になり、同じ感覚で撮影できるのでサブ機としても扱いやすい

上位機種では、35mmフルサイズを搭載した機種もでました、こちらの方は35mm対応のEマウントレンズ(FEレンズ)はまだ少ないですが(2013年現在)センサーのポテンシャルは、間違いなくトップクラスで、35mmフルサイズのデジタル一眼レフと同等の非常に高い画質や作画能力が期待できます。また、ミラーレスなので、微細なぶれの原因になりやすい一眼レフ特有のミラーショックが全くない点を考慮すると、風景のような、特に高解像度をねらう撮影では、フルサイズ一眼レフ以上に適任になるのではないかと思います。

ソニーのミラーレスはデジタル一眼レフと同等の画質や作画能力を持ち、フルサイズへのステップアップも用意されているところが最大の魅力です。

ソニー Eマウントは、手軽にデジタル一眼レフと同等の撮影を楽しみたい、画質にはこだわりたいデジタル一眼レフ(特にαシリーズ)のサブ機として利用したいという方におすすめです

*第三世代(NEX-5R・NEX-6)では、位相差検出式AFを搭載して、比較的高速なAFを実現しました(ただ、初期の頃に出たレンズはファームウェアアップデートが必要になるので、中古レンズを買うときは注意がいるかもです)

ペンタックス マウント名:Qマウント センサーサイズ:1/2.3型 または 1/1.7型
センサーサイズ比較 イメージ図

ペンタックスのミラーレスの特徴は、圧倒的な小ささです、手のひらに収まるぐらいまで、小型化されたレンズ交換式コンパクトデジカメというべきカメラです

当然、それだけ小さくするためには、小さいセンサーを使わなければ実現できないので、採用してるセンサーサイズは、1/2.3型 上位機種でも、1/1.7型というコンパクトデジカメと同等の非常に小型のものです

これだけ、小さいセンサーを利用してるため、ポートレートで背景をぼかすような一眼レフ風の作画はほぼ不可能です(現行機は、ソフト的に無理やり再現するモードはありますが、どうしても不自然感は否めません)また、高感度撮影なども、他のミラーレスに比べるとやはり不利といわざる得ません、画質面ではあまり多くは期待しないほうがよいかと

デザイン面では、センサーサイズが小さいため、レンズも非常に小型化でき、ズームレンズを取り付けてもボディーとレンズの大きさのバランスが非常によい印象です

トイカメラ風の写りをするレンズなど、ほかにはない遊びのレンズも用意され、その価格も安く設定されてるため手軽に複数のレンズを交換して、レンズによる描写の違いを楽しめます、また、レンズ自体も小型なので複数持ち歩いても苦にならないのも特徴です

また、先ほどコンデジと同じ大きさのセンサーサイズで、画質面ではあまり多くは期待しないほうがよいとは書きましたが、あくまで他のミラーレスやデジタル一眼レフと比べるとという意味で、コンデジ相当の画質かというと、実はそうでもありません、しっかりと作りこまれた、高品質レンズで撮影された写真の画質は、一般的なコンパクトデジカメと比べると間違いなく、一段上をいってます

ソニーとは逆で、手軽な一眼レフではなく、高画質なコンパクトデジカメというポジションのカメラです

ペンタックス Qマウントは、コンパクトデジカメ並みの手軽さで、よりきれいに撮りたい、たくさんのレンズを気軽に持ち歩いて、レンズ交換による描写の違いなどを楽しみたい、という方におすすめです

オリンパス・パナソニック マウント名:マイクロフォーサーズマウント センサーサイズ 4/3インチ
センサーサイズ比較 イメージ図

この2社は、マイクロフォーサーズというマウントを採用して、ミラーレス機を初期のころから出しています、それだけに、レンズの種類などは、他のミラーレスより豊富です

センサーサイズは 4/3インチと、APS-Cサイズよりは一回り小さいものの、ミラーレス機のなかでは4番目に大きいサイズを採用されているので画質面でのポテンシャルも比較的高いです

キヤノンやソニーの場合、フルサイズの一眼レフであったり、ミラーレスが存在するため、高級レンズはフルサイズ用として設計されレンズが大きくなりますが、フルサイズをもたないフォーサーズは専用の高級レンズとなり、フルサイズ用高級レンズと比べると小型になります

完全に同一のマウントを採用しているため、パナソニック機にオリンパスのレンズという組み合わせも可能で、すでに発売されてるレンズの量が多いというのは、マイクロフォーサーズ機の大きな利点です

マイクロフォーサーズマウントは、画質も携帯性も、どちらもそこそこ高いものがほしい、ボディーもレンズも複数のメーカーから好きなものを選びたい、という方におすすめです

富士フィルム マウント名:Xマウント・Gマウント センサーサイズ:APS-C・中判サイズ
センサーサイズ比較 イメージ図

富士フィルムは、APS-Cサイズの画像センサーを搭載した一般向けモデルと中判デジタルサイズを搭載したプロ向けの2種類だしています、どちらのモデルも画質のポテンシャルは、非常に高いです。

また、今までユニークな画像センサーをつぎつぎ投入してきたメーカーでもあり、ほかにはない特徴をもつ、独特の魅力を持つ機種が今後も発表される可能性が高い

レンズもしっかりそろってきたためAPS-Cデジタル一眼レフと同等の作画を楽しめます。また専用高級レンズもそろっているのも大きなポイントです。

Xマウントは、画質にこだわりたい、富士フィルムの発色に魅力を感じる、(富士フィルムの独自のセンサーに魅力を感じることが多い) という方におすすめのマウントといえます

Gマウントは、Xマウントではカバーできない高い解像度を必要とするプロカメラマンのために新たに作ったミラーレスマウントになります。それだけに極めて高い画質のポテンシャルがあります、レンズもふさわしい高級な物を3本同時に出しています。また、中判一眼レフとくらべるとぐっとスマートなフォルムとなりフィールドでの撮影にも持って行きやすそうな印象があり、風景撮影にも力を発揮すると思います。

ハッセルブラッド マウント名:Xマウント センサーサイズ:中判サイズ
センサーサイズ比較 イメージ図

中判カメラメーカーのハッセルブラッドが出した、プロ向けミラーレス、マウント名はXマウントとなります。(富士フイルムのXマウントとは全くの別物です)

ボディーだけで100万円を超えるような非常に高額なカメラとなりますが、コマーシャルフォトなど、高解像度を必要とするような撮影をしているプロの方のためのカメラで極めて高い画質のポテンシャルを持っています。またスマートなフォルムとなっているので風景撮影にも力を発揮すると思います。

被写界深度の比較

センサーサイズが違うということは、同じ画角になる焦点距離が変わってくるということになります、ですから、ミラーレス機は選んだマウント(メーカー)によって被写界深度を浅くしやすいマウント、深くしやすいマウントが存在しています。

同じ画角、同じF値で撮影した場合の、被写界深度の違いを図にしてみました。
比較として、一眼レフやコンパクトデジカメも図に入れてあります。

背景をぼかした撮影をしたいなどの場合など、デジタル一眼レフに近い表現を楽しみたい場合は、デジタル一眼レフに近い方のマウントを選ぶとよいかもしれません
(個人的な感覚だと、背景のボケを楽しむなら、マイクロフォーサーズ以上のセンサーサイズがほしいところです)

センサーの大きさの差をまとめてみました
興味があればぜひ

まとめ

各社とも、センサーサイズもまちまちで、選ぶ要素が増えた分、カオスな印象ですが・・、ほんとにざっくり分けると

画質重視で背景のボケなども、ほぼデジタル一眼レフと同等の撮影を楽しみたいなら
ソニー 富士フィルム キヤノン

携帯性重視で、背景のボケとかには興味はないけど、コンパクトデジカメよりきれいに撮りたいなら
ペンタックス

画質も携帯性も、どちらもそこそこほしいなら
オリンパス パナソニック ニコン

というところになると思います

一眼レフとミラーレスの構造的な違いから来る性能差

ミラーレスも、一眼レフもレンズが交換できるシステムカメラなので、一眼レフとミラーレスはどう違うのか、気になる方も多いと思います。

そちらについては、別のページとなってしまいますが、まとめましたので、参考にしてみてください

一眼レフとミラーレスの構造上の違いから来る違いについてまとめました

スポンサードリンク

おすすめ記事

カメラの話(デジカメ編 銀塩編 PC編)   デジカメ部屋へ戻る