Top デジカメを始める方へ デジカメの使い方 基本的な写真の話 撮影テクニック PCの操作 デジカメ用語集 フィルム 使用感
スポンサードリンク

RAWファイル形式とは?

デジタル一眼レフやミラーレスや高級コンパクトデジカメなど、比較的画質重視の機種の多くには、Jpeg形式の他にRAW形式で記録出来る物が多くあります。

RAW形式とは、そもそも何?って方もおられると思うので、RAW形式について説明したいと思います。

RAW形式をおすすめする理由

SNSにアップロードしたりする場合は、Jpeg形式である必要があるので、インターネットですぐに投稿したいといった場合、Jpeg形式の方が手間も省け楽な場合が多くあります。

ですが、その利点をひっくり返すぐらいの魅力が、実はRAW形式にはあります。それは、撮影後の柔軟さがJpegとは比べものにならないのです。

写真が完成するまでの流れは、簡単に図にするとこんな感じになります

写真を料理でたとえると、Jpeg形式は完成された料理なのです、素材をレシピにそって調理して、完成した料理がJpeg形式

それに対してRAW形式は食材とレシピの指示書のセットで、まだ調理されてないものです。

もう少し具体的に言えば、露出や構図やフラッシュの有無など撮影時で決定される内容は、言わば料理の素材と言えます。それ以外の設定、ホワイトバランスや色味やコントラストやシャープネスやノイズリダクションと言ったカメラの設定が、料理で言うところのレシピでJpeg形式での出力はその設定に従ってカメラで処理して、最終的にJpeg(料理)として保存されます。

それに対して、RAW形式はホワイトバランスや色味やコントラストといった調理の部分は、PCが受け持ちます、つまり撮影時に保存されるのは素材とその時のカメラの設定(レシピの指示書)のみなのです、なのでPCはその届いた素材とレシピに従って料理して写真にしあげます、このときにやっぱりこの素材はこっちのレシピでお願いと調理法の変更を頼むことも出来るのです

つまり、ホワイトバランスがとか、コントラストはとか、カラーモードを風景にするかスタンダートにするか、ビビッドにするかなどと悩まず、とにかくいい素材(適正な露出や主役を引き立たせる構図やボケのコントロールやフラッシュの有無など)を撮ることだけに集中出来るわけです。

RAWファイルであとから変更できるところとできないところ

文がぐちゃぐちゃとなってしまい、わかりにくいところがあったので、RAWであとから変更可能な項目と不可能な項目をまとめました。

RAWで変更不可能な項目

  • 写っている内容(シャッターチャンスでシャッターが押せたか否か)
  • 写っている位置(構図や画角)
  • 写したときの光の方向や当たり方(順光か逆光か、フラッシュを使ったか否か)
  • 手ブレや被写体ブレの有無(シャッター速度)
  • 被写界深度(ボケの大きさやくっきり写っている範囲)
  • ピントの位置
  • ISO感度
  • 露光量
    • 補足:露光量はRAWで変更可能に見えますが、Jpegより高輝度や低照度の情報を多く含むため、情報を引き出せるだけなので、RAWの情報量をもってしても白飛び・黒つぶれしていればどうにもできません。本当の意味で露光量を変えることは不可能です。

RAWで変更可能な項目

  • ホワイトバランス
  • カラーモード(スタンダートモードやビビットモードなど)
  • ピクチャーコントロール(モノクロモードなど)
  • ノイズリダクション
  • シャープネス
  • コントラスト

変更可能な項目と不可能な項目をまとめると、こんな感じになります。

RAW編集での変更とJpegからのレタッチはどう違うの?

とはいえ、フォトショップなどでも簡単に写真の色は変えられるので、Jpegでとっても後からレタッチで変更はできるでしょ?と思われる方もおられると思うので、実際にRAWからのホワイトバランス変更とJpegから色の変更をした物を比べてみます。

元の写真は、白熱電球の光しかないのに、ホワイトバランスを晴天で固定したまま撮ってしまい、オレンジ色に染まってしまったこれを使います。

まずは、RAW現像でホワイトバランスを電球に変更したものです

ほぼ綺麗に色かぶりが解消されています、今度はjpegで撮った物をできる限りRAW現像の電球の色味に近づけた物がこれです

色かぶりはかなり綺麗に解消してるように見えますが、RAWに比べ色が浅い印象に・・・・その理由をわかりやすいように切り抜くと

RAW

Jpeg

黄色がすっかり抜け落ちてしまっているのです!!!、これは赤や黄色に極端に偏っていた色かぶりを直すのに、かなり強い処理をしたせいで、本来黄色だった部分もすっかり色がなくなってしまった状態と言えます。

今回は、わかりやすくホワイトバランスで行いましたが、RAWであればカラーモードの変更なども無劣化で行えます、こういった設定を気にすることなく撮影出来るというのはRAW形式の最大の利点と言えます。

他の利点

最大の利点は上記の通りなのですが、実は他にも利点があります。Jpegの場合、撮影後すぐに画像処理をカメラで行います。その処理を請け負うのがいわゆる画像処理エンジンと呼ばれる物で、ニコンならEXPEED3とかEXPEED4などと言われてるものです。

よく新開発の画像処理エンジンで低ノイズを実現といったうたい文句があったり、レビューサイトでほぼ同じセンサーを使っているが前機種に比べてノイズ処理がうまくなってノイズが目立たなくなったというような記事を見たりすると思います。最近の例だとD800からD810などがそれに当たります。

しかし、RAWで撮影すると画像処理エンジンを通さないのです、なぜなら、画像処理をするのはカメラに搭載された画像処理エンジンではなくPCです、では古い機種で撮ったRAWを最新のRAW現像ソフトで現像するとどうなるのかというと、ちょっと面白いインタビュー記事が昔ありました、一部抜粋すると

――センサーレベルのS/N比はD800/D800Eとほとんど変わらないということですが、それではRAWで撮影して、Capture NX-Dで現像した場合、JPEGと比べてどうなりますか? Capture NX-Dには、EXPEED 4の高感度ノイズリダクションと同等の機能が搭載されているのでしょうか?

Capture NX-Dのノイズリダクションの処理方法で「高画質2013」を選んでいただければ、アルゴリズムは違いますが、EXPEED 4のノイズリダクションと同等以上の仕上がりが得られます。 」

という回答をしています、これはセンサーレベルの差は埋められないが、画像処理エンジンを最新のものに乗せ換えたのと同じような効果が期待できるということです

最近の機種はRAW+JpegモードというRAWとJpegを同時に保存する機能を持つカメラも増えているので、そうは言ってもRAWをJpegにするのは面倒という方でも気軽にRAW撮影ができる環境も整ってきているので、とりあえずRAWで撮っておけば、間違いないと言っても過言ではない状態です

RAWモードを持つカメラを購入したら、RAWでの撮影がおすすめです。

スポンサードリンク

おすすめ記事

カメラの話(デジカメ編 銀塩編)   デジカメ部屋へ戻る